星空の楽団

 

アーティストによるライブパフォーマンス 

会期中の10日間、毎日1組のアーティストが会場を盛り上げます。

(ライブ開始時間は各日程により異なります。また、タイムテーブルは変更になる可能性がございます。)


 

4月27日 (sat)  15:00〜 DJみそしるとMCごはん

https://misosiru.jp

 

「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに、トラック、リリック、アートワーク、Music Videoなどを自ら制作し、料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する、超自家製ラッパー。くいしんぼうHIP HOP。まぎらわしい名前だけど、1人。2013年冬、メジャーデビュー。FUJI ROCK FESTIVALやARABAKI ROCK FEST.、RISING SUN ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVALなど大型フェスにも、ちゃっかり名を連ねる。更に、2014年春からNHK Eテレにて放送されている、“音楽×料理”番組「ごちそんぐDJ」のレギュラー出演でお茶の間デビュー。好奇心の趣くまま、ジャンルを自由に横断する様は、くいしんぼうの面目躍如。


 

4月28日 (sun)  15:00〜 Little Fats & Swingin' Hot Shot Party

http://littlefatsnews.blogspot.com

 

1999年結成。活動開始以来ほとんどメンバーチェンジをする事無く、当初より路上ライブをメインに、フジロックをはじめとする大きなイベントから、街の小さなバーでのライブなど、楽器編成からなるその身軽さを活かし、シーンに属する事なくありとあらゆる場面場所でのライブ活動を展開。そのコミカルでアップテンポなパフォーマンスは、ジャンルを超え観る者や聴く者を選ばない。square enixより発売されたゲーム音楽コンピへの参加や、小泉今日子のアルバムへの参加の他、海外来日アーティストのサポートやオープニングアクトを幾度も務めるなど、自身のライブのみに留まらずその活動範囲は多岐に渡る。


 

4月29日 (mon)  15:00〜ザ・なつやすみバンド

http://natsuyasumi.hiyamugi.com

 

2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成。 温かくも透き通った伸びやかな歌声、叙情的かつセンチメンタルな歌詞とメロディにはどこか懐かしさがあり、 ピアノ・ベース・ドラム、そしてスティールパン・トランペットなども加わったアンサンブルは、ストレンジで癖になる唯一無二のサウンドを生み出している。本年4月にはNHK Eテレ「シャキーン!」とのコラボ曲「速度のうた」がオンエア!大好評を博す。 9月にはかせきさいだぁとコラボした7インチアナログ「Quiet School」を発表。2018年に結成10周年を迎え、9月に4枚目のフルアルバム『映像』をリリースし、11周年目のスタートを切った。

 


 

4月30日 (tue)  15:00〜アノアとペロ

http://anopero.tumblr.com

 

anoa(ピアノと歌)とペロ魚谷(ミニドラムとたまに歌)からなるトリオを超えたシンプルデュオバンド。二人が奏でる音柄は、ポップでレトロでユニーク。anoaはピアノと踊り、ペロ魚谷はコミカルな見た目とドラマーをうならせるテクニックで、各地のバーやカフェ、野外イベントなどでゴキゲンライブを繰り広げ、大人から子供の心まで踊らせている。2018年はキングコング西野亮廣氏の絵本「ほんやのポンチョ」の主題歌「ちんぷんかんぷんトンチンカン」の歌と演奏を担当。

 


 

5月1日 (wed)  15:00〜 TheWorthless(ザ・ワースレス)

https://www.theworthless.info

 

うたうヒゲとおどるマリオネットのジャグバンド。ステージではクマがおどっているし、うたっているのは4人のヒゲ。よく見ると、パーカッションは洗濯板だし、マッシュルームカットの姉妹はあの双子。映画みたいに絵本を読んだり、ただただ楽しい歌をうたうよ。 


 

5月2日 (thu)  16:00〜 口ロロ

http://www.kuchiroro.com/#/

 

正社員は、三浦康嗣、村田シゲ、いとうせいこうの3人。契約社員は、秋乃ゆに、大橋ヒナ、大平未来、汽葉ケイスケ、近藤まこと、玉手初美、仲西森奈、やぎぬまかな、山本笑の9人。全員いる時もあるし、誰もいない時もある、きままなパーティー。


 

5月3日 (fri)  15:00〜 ハチャトゥリアン楽団

https://khachaband.com

 

トランペット、クラリネット、バンジョー、チューバ、ドラムスから成る、 ニューオーリンズ系音楽団。 

トラディショナルジャズをルーツとし、オリジナル、ソウル、ファンク、ポピュラー音楽などを幅広く演奏する。 

このバンドが紡ぎだす楽しいリズムと、どこか懐かしいメロディーは子供を躍らせ、お父さん、お母さんを笑顔にし、おじいちゃん、おばあちゃんを癒す。

 


 

5月4日 (sat)  15:00〜 tricolor

http://tricolor-web.com

 

2009年結成の3人組バンド。ケルト、特にアイルランド音楽をベースにしながら、3人それぞれの音楽との出会いや個性を大事にしたオリジナルの音楽を織り交ぜて演奏している。

これまでにアルバムを7作発表。ヴォーカリストをゲストに迎えた「うたう日々」、総勢13名で演奏した「tricolor BIGBAND」など。最新作は結成10周年を機に制作した「キネン」(P-VINE, Inc.)。連続テレビ小説「マッサン」大河ドラマ「西郷どん」の音楽にバンドで参加し、注目を集める。ほかにNHK Eテレ「シャキーン!」楽曲提供&出演、NHKアニメ「ピアノの森」音楽参加、原田知世デビュー35周年記念アルバム「音楽と私」参加。最近では南島原市ショートフィルムの音楽を担当する等、表現の幅を広げている。

 


 

5月5日 (sun)  16:00〜 Small Circle of Friends

http://www.scof75.com

 

 

ムトウサツキとアズマリキの二人組。1993年、united future organizationのレーベル”Brownswood(日本フォノグラム)”よりデビュー。以来、11枚のフル・アルバムをリリース。2005年にはインストゥルメンタルに特化したサイド・プロジェクト「STUDIO75」をスタートし、英国の人気DJ、ジャイルス・ピーターソンもラジオ・プログラムにてプレイするなど、世界的な評価を得た。2018年『Over Your Shoulder』をムジカノッサグリプスよりアナログでリリース。2019年 For the kidsの7インチアナログ発売「西通りプリン」と「新しい人」のカップリング。12年ぶりのリリースになる東リキのオルターエゴ「タケイフミラ.」CD発売の夏。昨年からスタートした、画家ナナとのコラボ作品とともに「75Clothes」のpop-upショップと、恒例の夏のツアー「スモサの旅」2019も続きます。


 

5月6日 (mon)  17:00〜 小西康陽

https://www.readymade.co.jp/journal/

 

 

音楽家。'85年、ピチカート・ファイヴのメンバーとしてデビュー。解散後も、数多くのアーティストの作詞/作曲/編曲/プロデュースを手掛ける。'11年、PIZZICATO ONE名義で初のソロアルバムを発表。'15年、セカンドアルバム『わたくしの二十世紀』を発表。過去に手がけた楽曲をまとめた5枚組CDボックス『素晴らしいアイデア   小西康陽の仕事1986-2018が発売中。書籍『わたくしのビートルズ 小西康陽のコラム1992-2019』(朝日新聞出版)が4月に発売予定。

 


 

4月28日(sun) 5月3日 (fri) 魔法つかいKOJI   1日2回開催

http://www.magicaldreamer.com

 

 

魔法つかい。上智大学卒業後、ITベンチャー企業を経てプロマジシャンとして独立。各種メディアやVIPパーティ等で『魔法つかい』として活躍する傍ら、魔法を通して全国の人々の笑顔を切り取る旅、魔法紀行をライフワークで続ける。コミュニケーションツール『魔法のモテジナ』に関するワークショップ・講演・執筆なども行う。その他、映画やCMのアドバイザー・演出など。サロン『E KU DA』主催。スーパーダディ協会理事。幻冬舎より『ひらがなカードマジック』好評発売中。

 


 

5月4日 (sat) 5日 (sun) 6日 (mon) 

タカパーチ  人間ジュークボックス 

https://www.takapartch.com

 

トランペット、ピアノ、ギター他いろいろ演奏する音楽家。

1曲200円でリクエストいただいた曲を演奏します。